お宮参りの費用サイト

スポンサードリンク

お宮参りの神社の費用

神社へのお礼の金額の目安は、お宮参りの祝詞(のりと)を予約する時点で社務所に尋ねてみましょう。

目安は、五千円程度でしょう。

神社では、金額が決まっているところが多いです。

明治神宮では、1万円で、食器が頂けます。

水天宮では、3千円になります。

祝詞(のりと)をあげてもらった場合には、お礼を白い封筒か、のし袋(水引きは白赤の蝶結びのもの)にお礼のお金を入れて用意しましょう。

のし袋の表書きは、「初穂料」「御玉串料」とします。

下段は親の名ではなく、赤ちゃんの名を書きます。

神社に事前に問い合わせてみましょう。

予約が必要であれば、予約をしておきましょう。

お宮参りに関連する費用

祝い着は、男の子は「羽二重地の紋付きで、鷹やめでたい図柄ののし目模様」。

女の子は「縞子地や縮緬地に花柄などをあしらった友禅模様の紋付き」が使われます。

祝い着は、母親の実家から贈るのがしきたりとされています。

最近では、外出用の白いベビードレスを着せた赤ちゃんをケープやおくるみで包む略式のケースがふえています。

祝い着をレンタルで済まされる方も多いですね。

祝う気持ちがあれぱ特に服装にこだわる必要はないといえます。

お宮参りにかかる費用ですが、地域によってさまざまなようです。

主人側が出したりなどさまざまです。

両家で、よく話しあわれて決められたらどうでしょうか?

お宮参りの体験談

我が家のお宮参りは、午前中に神社に行き、帰ってお食い初めをし、それからみんなで会食しました。

写真撮影は、前撮りしました。

まだまだ授乳時間が空かないので、1日仕事は大変です。

神社も有名な神社に行きましたので、駐車場から社務所までの距離が長く、階段も多いのでベビーカーでの移動は大変でした。

荷物も多く持っていくと、大変なことも。

赤ちゃんをずっと抱くのは大変ですから、抱っこベルトがあれば、使うとかなり負担が少なくなります。

写真やビデオカメラなどは、いつでもだせれるようにしておけば良かったと反省です。

荷物が多くて、おむつやミルク、おしりナップなど全て持っていったので、カメラなどをだそうと思っても、探すのが一苦労・・・

祈祷時間も短いようでしたら、車においていてもいいかもしれませんね。

最低限必要なものを持って行き、スムーズに行動されたら良いかと思います。

長時間だと赤ちゃんも疲れますから。

スポンサードリンク